子供の習い事はいつからがベスト?

【STEAM教育とは?】日本での認知度20%だけど海外では大注目の教育法

日本におけるSTEAM教育と海外のSTEAM教育
ママ友

STEAM教育って何?

アメリカでは国家戦略とさえ言われている新しい教育法だよ。

本記事では、STEAM教育について深掘りしています。

本記事の内容
  • STEAM教育って何?
  • 日本のSTEAM教育はかなり遅れている
  • 海外でのSTEAM教育

STEAM教育とは、理系とアートを融合させた新しい教育方法です。

日本の認知度はまだ20%ほどと低いのですが、海外では大注目されています。

\この記事を読んで分かる事/
  • STEAM教育の概要
  • STEAM教育を取り入れるメリット
  • 日本でSTEAM教育を学ぶ方法
サト

STEAM教育は、これからの時代に必要な力を養うために必須の教育。子供の将来の可能性を広げよう!

目次

STEAM教育とは

STEAM教育とは、一言で言えば理系とアートを融合した教育方法です。

  • S (Science) 科学
  • T (Technology) 技術
  • E (Engineering) 工学
  • A (Art) 芸術
  • M (Mathematics) 数学

それぞれの頭文字を取って「STEAM(スティーム)教育」と言われているよ。

ロボットやAIといった科学技術がどんどん台頭してくるこれからの時代。

私たち人間に必要なのは、理科や数学などのお勉強が出来る能力ではありません。

自分で学び、自分で考えて何かを創造する力です。

この【思考】や【創造】というのは、人間にしか出来ない事。

これらの力を持った子が、次世代を担うリーダーになっていくでしょう。

その思考力や創造力を生み出すための教育が、このSTEAM教育なのです。

サト

学んだことを現実社会の問題解決に活かす実践的な教育だね。

日本のSTEAM教育は遅れている

日本のSTEAM教育は、ハッキリ言って遅れています。

サト

というのも、【STEM】の面では教育制度が大分整っているんだけど【A】の部分で全然ダメみたい。

STEM、つまり理系分野のお勉強という面では実は日本の制度は優秀です。

しかし、A、つまり創造性を養う教育という面で日本はかなり遅れているのです。

官民が連携して制度を整えることが日本の課題となっています。

海外でのSTEAM教育

日本ではあまり浸透していないSTEAM教育ですが、海外ではどのように捉えられているのでしょうか。

国別にまとめてみました。

アメリカにおけるSTEAM教育

STEAM教育発祥の国アメリカですが、元々1957年頃にSTEAM教育の前身であるSTEM教育(当時はSMETと呼称)が提唱されています。

これは、ソ連がスプートニク号の打ち上げに世界で初めて成功させたことがきっかけによるものです。

  • 防衛上の脅威
  • 産業競争力強化の必要性

これらがきっかけとなってSTEM教育は生まれました。

サト

とはいえ、90年代頃まではあまり普及はされていなかったみたい。

アメリカに爆発的に広まったのは、2013年オバマ大統領のある演説。

【STEM教育】の発展が不可欠と声明を出したことがきっかけとなりました。

当時のアメリカでは、

  • 中国の経済発展への危機感
  • 高等技術を使う職種の適任者不足
  • 理数系科目のカリキュラムが少ない

このような課題がありました。

これらの課題を解決するためにと再度STEM教育が脚光を浴びたのです。

しかし、STEM教育だけでは十分な成果をあげられていないとの見方が全米学術会議で指摘されます。

というのもSTEM科目での全米学力テストの成績が向上していなかったのです。

サト

こうした指摘の中で生まれたのがSTEAM教育!

従来のSTEM教育に【芸術分野】を足したSTEAM教育。

理数教育にアートをプラスすることで、様々な現代社会の問題解決をしていく人材を生み出していこうという国家戦略はこうして生まれました。

韓国におけるSTEAM教育

韓国では、90年代頃から若者のSTEM離れ(理系科目離れ)が問題となっていました。

理系科目への関心の低下は経済競争力の低下にも繋がる…と、政府がSTEAM教育を取り入れ始めたのが2009年頃です。

つまり韓国では、理系科目を好きになってもらうためにSTEAM教育が注目され、国が主導して実践しているということです。

中国におけるSTEAM教育

中国でも、宇宙開発やエネルギー開発での人材不足が叫ばれています。

その状況を打破するために【メイカー教育】というものが生まれました。

メイカー教育とは、子どもたちの創造性や課題解決能力を育てるというもの。

呼び方は違うものの、これはSTEAM教育の考え方と同じです。

STEAM教育でSTEM分野への興味を引き出し、生徒中心の学びを実現する。

アメリカも中国も韓国も同じようにしてSTEAM教育が広まったんだね。

STEAM教育を実践するなら

これからの時代に必要な【思考力】や【創造力】を伸ばすための教育方法、STEAM教育。

すごく良いなって思った!

でも…どこでどうやって実践していくの?

STEAM教育に特化した学校があるよ。

でも、1番手軽なのはお家でやることかな。

STEAM教育に特化した私立の学校は、実は日本には何校かあります。

しかし、お家で出来るSTEAM教育もあるんですよ。

▼こちらの記事で、おうちでも実践できるSTEAM教育アイデアについてまとめています

▼おうちSTEAM教育を実践するためのおすすめ教材はこちら

これからの時代を生きていく子供達に是非学んでほしい【STEAM教育】。

ぜひ、ご家庭でも取り入れてみてくださいね。

おうちSTEM教材ナンバーワン

STEM教育といえば、理系分野を極めるということ。

なので、STEM大国アメリカ発のこんな実験のサブスクがおすすめです。

>>世界最先端のSTEM教材が毎月届く【Gloovy lab in a Box】

身の回りの『なぜ?』の理由を考えることは、探究心や創造性を刺激します。

親子で楽しく実験キットを完成させ、子供の疑問に応えるサブスク教材です。

しかも…動画レッスンは英語版視聴可能。

リアルな英語も学べるんだよ♪

▼公式サイトで詳細をチェック

おうちSTEAM教育をやるなら

STEAM教育の基本は、

  • 感じる
  • 考える
  • 作り出す

これを一つの教材で学べるのが、ワンダーボックスです。

考える力に特化した教材は他にもありますが、【STEAM教育】を学べる通信教材はこのワンダーボックスだけです。


気軽におうちでSTEAM教育が出来るので、4歳以上の子にはピッタリです。

▼詳細は公式サイトでチェック

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【子供のワクワクをワクワクで終わらせない!】シンプルに「頭の良い子に育てたい」と、色々知育について調べて実践しているママ。超文系出身だけど、娘たちにはSTEAM教育を取り入れて科目横断型の学びをさせたいな〜。

目次
閉じる